熊本県の「せんだん轟の滝」に行ってきたけどただただ疲れた

記事作成日:

栴壇轟の滝での自撮り写真

2月2日曇りのち晴れ。ブログっぽく自撮りしてみましたよ(笑)

今思えば、雲がほとんどなく太陽が思いっきり顔を出している状態で「滝を撮りに行こう!」と思ったのが間違いでした。

向かった先は、熊本県にある「せんだん轟の滝」。前々から気になっていた滝というわけでは全くなく、ナビ(古いゴリラ)の「ガイドブック」というコンテンツの中でたまたま見つけたのでした。

山を越え熊本県に着く頃にはかなり疲れていました。何度も「もう引き返そうか」と思いましたが、ここまで来たらもう行くしかありません。少しだけ町っぽいところに出ましたが、すぐにまた山奥の方に向かいます。

ワクワク感ゼロ疲労はマックス

休憩もせずただひたすら車を走らせること一時間半(たぶんそのくらい)。ようやく目的地に到着。出発してからは三時間半くらいかな。もうとにかく「疲労感」しかありませんでした。更には、「また同じ時間かけて戻らなければならないのか…」という「絶望」に近い感覚になっていました。写真を撮るワクワク感はもはやゼロ。もうこのまま帰ろうかとも思ったくらいでした。

ですが、なんとか気合いを入れて滝に向かうことに。看板には「滝まで10分」の文字。これが「滝まで1時間」とかだったら間違いなく帰っていたと思います。ただ日頃運動とか全くしていないボロボロの僕の体にはこの10分でさえきつかったです。

日本の滝百選「せんだん轟の滝」

何の予備知識もなくたどり着いたこの滝は「日本の滝百選」でした。高さ約70メートルで、春は新緑、秋は一帯が紅葉し自然を満喫出来るらしいです。僕は行くタイミングも間違っていたようです(笑)

疲れ過ぎていたせいで、滝を見てもほぼマグロ状態の僕(笑) とりあえずさっさと撮って帰ろうという気持ちしかありませんでした。しかも、太陽が照っていたせいで明暗差が激しく撮りにくい上に、NDフィルターも忘れてきているという始末。(実はフィルターは車の中にあったことに帰ってから気付きました)

そこで、やけになって自撮りしたのが冒頭の写真です。うん、実に楽しそうな表情(笑)

今回は行き帰りで死ぬほど疲れ、写真もうまく撮れないという散々な結果になってしまいました。ちなみに、本日の走行距離、約300キロ。

もう行かない(笑)

おわり